用語集

発光ダイオード

発光ダイオード(はっこうダイオード、Light Emitting Diode、LED)は、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子のことである。発光原理はエレクトロルミネセンス (EL)効果を利用している。有機エレクトロルミネッセンス (Organic light-emitting diodes (OLEDs)、有機EL) も分類上、LEDに含まれる。

 
 

光触媒

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。

通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質の自由エネルギーを増加させる反応を起こす場合がある。天然の光触媒反応として光合成が挙げられるが、人工の化学物質を指すことが多い。英語で光触媒の作用は photocatalysis と呼ばれる。
 
 

波長

波の山から山まで,または谷から谷までの距離を波長という。1波長隔たった2点の位相は2πだけ異なっている。進行波の場合,波面は1周期の間に1波長進むから,波長λ,振動数ν,周期Tと波の速さvの間には, v=λν=λ/Tの関係がある。

 
 
 
  • お電話でのお問い合わせ TEL:03-6847-1253 (受付:9:00〜17:25/土日祝除)
  • メールフォームへ